ママが施すセラピーで、乳幼児の心を体を健やかに♪

◇「ミュージックハンズセラピー」は、音楽小児はりです。

「小児はり」は、鍼灸師が乳幼児に行う鍼を用いない治療法です。赤ちゃんにも施せる、体に負担のない、薬要らずの治療法を、音楽に合わせてママの手でお子さんに行えるようにしたものが「ミュージックハンズセラピー」です。

 

国家資格である鍼灸師が指導するので、タッチポイントが正確であり、乳幼児にも安全です。

また、ベビーリトミック講師とのペアレッスンは、ピアノ伴奏で音楽を身近に感じられたり、ママの歌に合わせることで、お子さんのリズム感や情緒を育てることにも役立ちます。

 

◇興味はあるけれど、内容についてもっと知りたい!という方のために・・

質問:何カ月から始まられますか?

回答:小児はりは生後1か月から行えます。

   ミュージックハンズセラピーは、ママのハンドタッチから始めますので、外出が出来るようになればご参加頂けます。

 

質問:ベビーマッサージとの違いは何ですか?

回答:ベビーマッサージは民間資格の1つで、癒しを目的としていたり、母子の交流の一環とされているようです。

   ミュージックハンズセラピーは、国家資格である鍼灸師が「小児はり」をママがお子さんに行えるように指導します。

   また、ピアノ伴奏やママの歌という音楽活動と一緒に行うことも特徴です。

 

質問:鍼を使わずに効果はあるのでしょうか?

回答:はい、タッチポイントやタッチの回数を指導しますので、効果はみられます。

 

質問:夜泣きや疳の虫といった病気ではない症状にも効果がありますか?

回答:「小児はり」は、このような乳幼児の困った症状の治療に用いられることが多いです。

   年齢に合わせて、ママのハンドタッチだけでなく、歯ブラシやスプーンを用いて症状を改善していきます。

 

☆次回の開催日は、1月19日(木)武蔵浦和コミュニティセンターです。

「夜泣き」「便秘」「免疫力アップ」をメインに、個々のお悩みにも熟練の鍼灸師がお応えします。

 

参加申し込みは、こちらからお願いします

ママとベビーの教室ガイド
ママとベビーの教室ガイド
日本音楽脳育協会
日本音楽脳育協会

Blogはこちら